資産の増加に貢献する保有銘柄数を考える

この、一連の流れから、学びがありました。

 

この一連のやり取りについて、今日一日考えていました。

すると、ポジションが少ない銘柄とポジションが多い銘柄で、明確に違う感覚があることに気づきました。

ポジションが少ない銘柄は、20%や30%値上がりしても、「あー、なんでもっと買って置かなかったのかな…」と思い、残念になります。

一方で、ポジションが多い銘柄は、半分の10〜15%でも満足度が高い。

 

当たり前ではあるのですが、

  • 100ドルが20%値上がり→20$の含み益
  • 3000ドルが10%値上がり→300ドルの含み益

の違いです。

 

日々取引してると、あれもこれも、と投資したくなります。

しかし、多くの銘柄を持てば持つほど、無限の資金力がない限りは、一銘柄あたりの評価額は少なくなります。

銘柄を絞るのは、勇気がいるでしょう。努力もいるでしょう。

資産の増加に貢献する銘柄数。トレードしながら、考えていきたいと思います。