【参考記事】テスラが10年以内に自動車産業の世界的リーダーになるかもしれない

これは…すごい記事でした。

blog.evsmart.net

 

私はテスラ 【TSLA】の株式を保有していますが、いよいよ本格的に、車も手に入れたくなります。

イーロン・マスク氏の天才・鬼才っぷりがうかがえる記事です。

私が、これは衝撃を受けたいくつかをただひたすら引用します。
(記事の中身やマスク氏の正当性まではわかりません)

  • 2018年、第2四半期から第3四半期の間にテスラの出荷台数は100%増加した。
  • 2023年にテスラが200万台生産すると仮定し、2023年から2028年の間にその数が5倍になるとすると、テスラは年間1000万台を生産することになり、世界でトップに躍り出る
  • マスク氏「2年以内に、テスラは恐らくハンドルとペダルが付いた車の生産を止めるだろう」
  • マスク氏によると、世界の自動運転走行の99%がテスラ車両によるもの
  • 一般的でない出来事を100%カバーするのは難しいですが、テスラは日を追うごとに99.999999%に近づく事ができ、競合他社を置いてきぼりにしていくのです。
  • マスク氏「消費者に今日伝えなければならない基本的なメッセージは、テスラ以外の車を買うというのは経済面から言って頭がおかしいという事です。3年以内に、それは馬を買う事と同等になると言えるでしょう。馬を買いたいと言うなら私は構いませんが、あなたが自分で予測できるそれなりの働きしかしない、という事です。テスラ車以外を買うのは正気の沙汰とは思えませんね」
  • マスク氏が言うには全てのテスラオーナーは自分の車をタクシー群に加えるか抜けるか、テスラネットワークと呼ばれるシステムを通じて選ぶ事ができ、その操作はテスラアプリをタップするだけのものになります。オーナーは自分の車を使わない時に利益を生む事ができ、テスラも25%~30%の手数料を取ることによって収益を得ます。テスラはこれにより非常に収益性が高い企業になると、マスク氏は言います。テスラ車両はテスラネットワーク内のみで稼働し、UberLyftなどの他企業に使われる予定はありません。マスク氏は彼らに宣戦布告したのです!